×

高齢化社会と自分の歯を考える

治療

今日本国内で「8020運動」が推奨されていますが、この「8020」の意味を知らない人も多いのではないでしょうか。「8020」とは厚生労働省と歯科医師会が行っている運動で、80歳になっても自分の歯を20本は残しておきましょうと言うものです。80歳と言う年齢で自分の歯を20本残すと言うことは、かなり大変なことになり普段から歯の手入れをキチンとしておく必要に迫られます。しかしいくら歯を綺麗にしておきたいと考えても無理な場合があり、それが歯並びの悪い人と言うことになります。歯並びが悪いことが何故悪いのかと言うことは、歯の掃除が綺麗に出来ないデメリットが出て来ます。歯が揃って並んでいることで、虫歯にならない歯磨きが可能になるのですが、歯並びが悪いと磨き残しが出てしまい虫歯や歯周病になってしまう原因となってしまうからです。そんな歯並びの悪い人が通うことになるのが、名古屋にある矯正歯科になります。

歯並びが綺麗になる嬉しさを知る

歯科治療

名古屋の矯正歯科が治療行うことで、歯並びは綺麗になることが出来ます。見た目が美しくなるだけでなく、人前でも大きな口を開けることが出来るようになり、自信を持てるようにもなると言われます。引っ込み思案だった人が積極的に前へ出ることが出来、印象も良くなることが多くなります。また本人に自信がつくだけなく、健康な体へと変身することにもなります。アゴの力が強くなり、しっかりと物を噛んで食べることが出来ることから内臓の働きもよくなることが判っています。更には発音の改善も見込めることから、人と話す時にも自信を持つことになり、明るい表情でいられることが多くなるとも言われることになります。そしてなんとしても嬉しいのが、普通の歯科医へ通うことが出来ると言うメリットまで生まれることになります。

矯正方法のいろいろを知っておく

治療器具

名古屋市内で歯の矯正がイヤと言う人の多くは、歯の表側に金属のブラケットを装着しワイヤーで引っ張ると言うことが苦手と言うことです。ブラケットが邪魔とか痛そうに見える上、どこか不自然に見えてしまうのでしょう。ですが最近の矯正では同じ方法でも審美ブラケットと言われる白や透明で目立たない色を使った方法も取られるようになっています。また他の人に知られず矯正をしたい人が行うものに、裏側矯正があります。歯の裏側だけにブラケットを装着する特殊な方法を用いることになりますので、口を開けても気がつかれない場合が出てきます。もう一つの方法はマウスピースを咥える矯正方法で、一日20時間ほど咥えることになります。自分で取り外しが出来る上に歯磨きも十分に行うことが出来、若い女性に人気の矯正方法となっています。いろいろな矯正方法があるようになり、矯正歯科選びも慎重にする必要があります。評判や実績を確認してから、歯科を選ぶようにしましょう。

広告募集中